• eラーニング2週間体験入学!!
  • サンプルDVD教材の販売

ペットアカデミー受講・教材のご案内

  • サンプル教材のお申し込みはこちら
  • ペットアカデミー教材のバックナンバーはこちら
  • セミナーDVDのお申し込みはこちら
  • 受講のお申し込みフォームはこちら
  • 各種ご質問はこちら〜お気軽にどうぞ〜
  • 須崎恭彦のeラーニング
  • PetAcademy Channel

SPECIAL TOPICS

  • 獣医師から学ぶペットの病気
  • 老犬・老猫の適切なケアを考えるシニア世代の食事日常ケア・ダイエット

  • Instagramでsusakipetacademyをフォローする
  • youtubeでPetAcademyをフォローする
  • Google+でPetAcademyをフォローする
  • twitterで@susakiyaasuhikoをフォローする
  • FacebookでPetAcademyをフォローする

入学をお考えの方へ ペットアカデミーのコース

DVDコース

eラーニングコース

  • 今あるがんに勝つ! 手づくり犬ごはん
  • Mail Magazine
  • ココログ獣医師須崎のペットに手作り食
  • ペットのホリスティック・ケア 栄養学をトコトン学びたい方へ!

LINK

  • 須崎恭彦.COM
  • 須崎動物病院
  • 診察のお申し込みはこちらへ
  • APNA
  • 須崎のお奨めサプリメント
  • プティバディオフィシャルサイト
  • プティバディオンラインショップ

獣医師から学ぶペットの病気

症例

  • 熱中症

    このページを簡単に要約すると…

    • 熱中症とは高熱が出て下がらなくなり、グッタリする状態です。
    • 熱中症は飼い主さんの不注意で起きる事故の側面と、犬側の要因の両方があります。
    • そして熱中症になったら、日陰に移動して、水を飲ませて、冷やす!
      冷えたら動物病院へ連れて行くこと!
    • 冷やすときは身体を濡らすより、濡れタオルや冷却グッズで頭、首筋の横、
      脇の下・そけい部を冷やします(冷えすぎ防止のため)
    このページを読む