• 須崎恭彦のeラーニング

ペットアカデミー受講・教材のご案内

  • eラーニング受講のお申し込み
  • 教材のバックナンバー
  • 無料メルマガ登録
  • 各種ご質問
  • PetAcademy Channel

SPECIAL TOPICS

  • 獣医師から学ぶペットの病気
  • 老犬・老猫の適切なケアを考えるシニア世代の食事日常ケア・ダイエット

入学をお考えの方へ ペットアカデミーのコース

  • Instagramでsusakipetacademyをフォローする
  • youtubeでPetAcademyをフォローする
  • Google+でPetAcademyをフォローする
  • twitterで@susakiyaasuhikoをフォローする
  • FacebookでPetAcademyをフォローする
  • 今あるがんに勝つ! 手づくり犬ごはん
  • ペットのホリスティック・ケア 栄養学をトコトン学びたい方へ!

LINK

  • 須崎恭彦.COM
  • 須崎動物病院
  • 診察のお申し込みはこちらへ
  • APNA
  • 須崎のお奨めサプリメント
  • プティバディオフィシャルサイト
  • プティバディオンラインショップ
2018年08月

犬は散歩中走っていたら蚊にさされないのでフィラリアの薬は不要?

先日、診療中に、飼い主さんにこんな質問をされました。

「某犬の専門家から聞いたのですが、『犬は散歩中走っていたら、蚊が止まれないから、刺されないのでフィラリアの薬はいらない』と言われました。ウソですよね?」

「それ本当にそんなこと言われたのですか?聞き間違いでは?」

と申し上げましたが、この話は一人や二人から伺ったのではないので、実際にその様におっしゃっている方がいるか、そのような誤解を招くようなことをおっしゃる方がいるのかもしれません。

未だにそんなことを言う「犬の専門家」が存在するとは信じられないのですが、
もし本当だとしたら、その情報発信する方にお願いです。

===
情報を提供する際は、細心の注意を払って下さい!
ーーー
情報提供する際は、適切な情報をお願いいたします!
===

24時間走り続けますか?

蚊は屋外にいるだけではありません。
ましてこの猛暑ですから、蚊も存亡をかけて、適温()を求めてさまよいます。

私も猛暑で蚊が少ないといわれる2018年の夏、自宅の部屋とトイレで刺されました。
ですから、「犬の専門家」のアドバイスだと、24時間走り続けなければならないことになります。

そんなこと、「いわれてみればそうですね(笑)」という話です。


)蚊の適温に関してはこちらの記事を参考にして下さい

いっけん都合の良さそうな情報は要注意!

このように、いっけん犬思いのアドバイスのように聞こえる話も、

ちょっと考えたら無理がある

のですが、視点を変えるほどの予備知識をお持ちでない飼い主さんが鵜呑みにしたら、とんでもない結末になるかもしれません。

屋外飼育の犬では3夏過ごすとほぼ100%感染する

高温多湿な日本では屋外飼育の犬では3夏過ごすとほぼ100%感染するとも言われています。

屋内飼育ならリスクは少ないかもしれませんが、ゼロではないのです!

今ではフィラリア症で亡くなる犬も少ないので(フィラリア薬のおかげなのですが)、どんなことになるのかご存じない飼い主さんも少なくありません。

地上で溺れるように呼吸困難で死ぬ

フィラリア症で亡くなる犬は、
===
気がついたらゼーゼーと咳をする様になり、地上で溺れるように呼吸困難になって死ぬ
===
のです。

もちろん、私自身が体質的にワクチンを打てないように、例外的にフィラリアの薬が合わない子もいるかもしれませんが、それは私同様「例外」で、個別対応する話です。

あなたの愛犬が先のような最期を遂げるのと、肝臓での処理を天秤にかけたら、どちらを選びますか?
どちらでもあなたの選択を尊重しますが、選択したなりの結果に繋がります。
そのことを理解した上で、一時の感情に流され、後悔しない選択をしていただきたいのです。

では、フィラリアの薬に限らず、なぜ愛犬家・愛猫家は不安や心配になるのでしょうか?

いろんな意見を聴く

いろんな意見を聴くことのメリットは、一つの意見に大きく影響を受けなくなる点があります。
いろんな意見を聴くと、いろんな視点ができます。
いろんな視点を持てることは、いろんな解釈が出来る様になります。
いろんな解釈ができると、いろんな選択肢が持てます。

あとは、経験に応じて、自分で選択できるようになる人もいるでしょうし、

経験豊富な専門家に「うちの犬・猫の場合はどの選択肢が有効でしょうか?」と判断を仰ぐのもいいでしょう(理由付きで)。

私に相談してきた方々も、ペットアカデミーで「いろいろな視点をもつことの重要性」を学んでいるので、「こんな話があったんですけど、違いますよね?(笑)」という感じだったので安心しました。

私としては、先の「犬の専門家」が
===
(冗談ですけど)犬は散歩中走っていたら蚊にさされないのでフィラリアの薬はいらない(なんてことになったらいいんですけどね…)
===
と本当はおっしゃっていて、私のところにお越しになった飼い主さんが、カッコの中をたまたま聞きそびれたか、記憶に残っていなかったかだったと信じたいところです。

ということで、普段からいろいろな情報を入手し、ときどき信頼できる専門家に情報の取捨選択をしてもらう環境を作ることをオススメします。

そんな環境作りに、ぜひペットアカデミーをご活用下さい。
今月のトピックの他に、私に質問できる機会もございます♪

  • 須崎のセミナー情報はこちらから
  • ペットアカデミーの単発DVD教材はこちら
  • ペットアカデミーにご興味のある方はこちら

愛犬愛猫のお悩み、疑問質問募集中

  • 「わんこの疑問・質問」はこちらから
  • 「にゃんこの疑問・質問」はこちらから