• 須崎恭彦のeラーニング

ペットアカデミー受講・教材のご案内

  • eラーニング受講のお申し込み
  • 教材のバックナンバー
  • 無料メルマガ登録
  • 各種ご質問
  • PetAcademy Channel

SPECIAL TOPICS

  • シニア世代の食事 日常ケア・ダイエット
  • 獣医師から学ぶ ペットの病気
  • Bio-resonance Treatment

入学をお考えの方へ ペットアカデミーのコース

  • Instagramでsusakipetacademyをフォローする
  • youtubeでPetAcademyをフォローする
  • twitterで@susakiyaasuhikoをフォローする
  • FacebookでPetAcademyをフォローする
  • 須崎恭彦の書籍
  • 高齢犬ケア百科愛犬のための症状・目的別
  • ペットのホリスティック・ケア 栄養学をトコトン学びたい方へ!

LINK

  • 須崎恭彦.COM
  • 須崎動物病院
  • 診察のお申し込みはこちらへ
  • APNA
  • 須崎のお奨めサプリメント

肝臓の薬をのんでいるのに、肝臓の数値が高い理由とは?

腎臓のトラブルのサインが耳に現れることがあるように、
身体の他の所のトラブルのサインが肝臓に現れることもあります。

血液検査で肝臓の数値が高いときは、
肝臓そのものに問題があることもあるのですが、
肝臓ではないところに根本原因があることだってあるのです。

この様な場合、私の経験上ですが、
肝臓の薬をのんでも本質的な解決にはなりにくく、
「何も変わらない」ということが多かったです。


肝臓の薬をのんでいるのに、
一ヶ月以上肝臓の数値が高い場合、
肝臓以外の原因があるかもしれないという視点も大切かもしれません。


ちなみに、うちの診療に来る子達限定で申し上げますと、
肝臓以外に原因のあることが珍しくありません。

 

もちろん、だからといって、他の子もそうだとは断言できません。


個々で原因は異なるということです。

 

春は肝臓が頑張る季節です。
肝臓に負担をかけない生活を心がけるのも良いのですが、
身体の繋がりを学んで、賢く予防・サポートするのもいいですね。

ぜひ、ペットアカデミーで「身体の繋がり」も学んで下さい。

  • 「身体の繋がり」臓器についての教材
  • サンプル教材に興味がある方はこちらへ
  • コースを申し込む方はこちらへ
  • セミナーDVDに興味がある方はこちらへ