• 携帯の新料金プランに変更された方メールが送受信出来ないお客様へ
  • 須崎恭彦のeラーニング

ペットアカデミー受講・教材のご案内

  • eラーニング受講のお申し込み
  • 教材のバックナンバー
  • 各種ご質問
  • PetAcademy Channel

SPECIAL TOPICS

  • シニア世代の食事 日常ケア・ダイエット
  • 獣医師から学ぶ ペットの病気

入学をお考えの方へ ペットアカデミーのコース

特化したテーマをDVDで学ぶ

  • Instagramでsusakivetをフォローする
  • youtubeでPetAcademyをフォローする
  • twitterで@susakiyaasuhikoをフォローする
  • FacebookでPetAcademyをフォローする
  • はじめて作る 猫の健康ごはん
  • 作り置きで簡単!犬の健康ごはん
  • 高齢犬ケア百科愛犬のための症状・目的別
  • 須崎恭彦の書籍

LINK

  • 須崎恭彦.COM
  • 須崎動物病院
  • 診察のお申し込みはこちらへ
  • APNA
  • 須崎のお奨めサプリメント
2022年1月

知らないからしてあげられないのは
愛犬愛猫に申し訳ないと思った

診療にお越しになる飼い主さんからよくこんな話を聞きます。

===
先代の子が亡くなる間近に「もっと早くこういうことを知っていたら…」と後悔しました。「知らないからしてあげられない」のは愛犬に申し訳ないので、深刻な状態でない今のうちに勉強しておきたいのです。ただ、ヘンな情報は困るので、信頼できる情報源から勉強したいです。
===

私は個人的に、飼い主さんが学ぶ事はとてもいいことだと思います。
予備知識が豊富だったら、選択肢が増えます。
選択肢の多さは問題解決力につながります。
ですから飼い主さんが予備知識が豊富な事は問題解決力を高めてくれるのでとても良いことだと思います。

飼い主さんが獣医師のように診断できる必要はない

ただ、勉強している方が「いつまで経っても我が子が病気なのかどうかの判断をつけられない…」とか、「勉強しているのに動物病院通いが減らない…」と落ち込んでいる方がときどきいらっしゃっいます。

しかし、飼い主さんが勉強する目的は「病気かどうかを判断出来るようになる」ことではなく、「自分で治療法を見つけられるようになる」ことでもなく、「獣医師の説明を正確に理解出来るようになること」だと思っています。

ですから、どんなに勉強しても、飼い主さんにはちょっとでもヘンな印象を受けたら、動物病院に連れて行ってもらいたいのです。

と申しますのも、獣医師は大抵こんなことを経験しています。

飼い主さんの想像以上に具合悪いケースは多い

飼い主さんの想像する体調よりも、実際調べてみるとより深刻な状態だったというケース
飼い主さんの「様子をみます」で時間の経過とともにこじれて悪化したケース

飼い主さんが想像する以上にこんなケースを日常で経験しているので、よく聞く「『なんでこんな状態になるまでほっといたんだ!』と怒られた」なんて話になるのです。

飼い主さんは正確に理解をするために学ぶ

でも、飼い主さんにしてみれば「我が子の事は私が一番よくわかっている!」と思うでしょう。

そこで、双方の意見を取り合わせて、仮に飼い主さんが「現状はきっとこうだ」と見立てられたとしても、恐らく確信までは持てないと思うので、その見立てが正しいかどうかを動物病院で確認していただきたいのです。

そこで、普段から適切な情報に接していると、何の予備知識もなく獣医師の説明を聞くよりも正確に理解ができるはずです。

そして自分の見えていなかった新しい発見もあることでしょう。

いずれにしても、「勉強したから動物病院に行かなくてもいい!」のではなく、「勉強したから動物病院を上手に活用出来るようになる!」と解釈していただきたいのです。

ヘンな情報かまともな情報かを見極める

骨董品の目利きを養成するために、確実にして唯一の方法があります。

それは次のうちどちらでしょうか?

1)ニセモノの中で育てて、時々ホンモノを見せる
2)ホンモノの中で育てて、時々ニセモノを見せる

どちらかでしか養成できないそうです。

それは…

普段接する情報の質があなたに影響する

2)ホンモノの中で育てて、時々ニセモノを見せる

でないと育たないそうです。

食べ物で考えたら解りますよね?

普段いいものを食べていると、ヘンなものを食べたらすぐ分かりますが、普段そうでもないものを食べていると、たまに良質なものを食べても「美味しい」で終わってしまうという…

情報も一緒で、普段から良質な情報に触れていると、デマはすぐにわかります。でも、普段接する情報の質が悪いと、「何を信じたらいいのか解らない…」という状態になります。

だから、須崎動物病院や、ペットアカデミー、ペット食育協会で勉強している人はヘンな情報が出てきてもそれに惑わされないし、ヘンな情報を発信もしないし、「あの情報、出てきてすぐ判りました!ダマされませんでしたよ!勉強していて良かった!」と報告が来ると嬉しくなります。

もちろん、遠回りも学びですから止めはしませんが、愛犬愛猫のためにも、最善の選択をしてほしいです。
そのために普段から適切な知識に触れておく事はとても大事です。
「知っているからできることヶ増えた!」となれるように、ぜひペットアカデミーをご活用ください。

 

  • ペットアカデミ-とは
  • 須崎のセミナー情報はこちらから
  • 須崎のセミナー情報はこちらから

愛犬愛猫のお悩み、疑問質問募集中

  • 「わんこの疑問・質問」はこちらから
  • 「にゃんこの疑問・質問」はこちらから