• 須崎恭彦のeラーニング

ペットアカデミー受講・教材のご案内

  • eラーニング受講のお申し込み
  • 教材のバックナンバー
  • 無料メルマガ登録
  • 各種ご質問
  • PetAcademy Channel

SPECIAL TOPICS

  • シニア世代の食事 日常ケア・ダイエット
  • 獣医師から学ぶ ペットの病気
  • Bio-resonance Treatment

入学をお考えの方へ ペットアカデミーのコース

  • Instagramでsusakipetacademyをフォローする
  • youtubeでPetAcademyをフォローする
  • twitterで@susakiyaasuhikoをフォローする
  • FacebookでPetAcademyをフォローする
  • 須崎恭彦の書籍
  • 高齢犬ケア百科愛犬のための症状・目的別
  • ペットのホリスティック・ケア 栄養学をトコトン学びたい方へ!

LINK

  • 須崎恭彦.COM
  • 須崎動物病院
  • 診察のお申し込みはこちらへ
  • APNA
  • 須崎のお奨めサプリメント

耳にタール状の耳アカ→耳以外の原因とは?

 以前、ペットアカデミーでもお伝えしましたが、
耳に何らかのトラブルがある場合、
耳だけに問題があるとは限りません。

耳以外にも

同じ症状が続く場合、
原因が抜けていない
原因が常に入り続けている
などの原因が考えられます。


ですから、いくら耳のケアをしても治りが悪い場合は、
「他の部分に何か問題があって、そのサインが耳に出ている」
可能性があることを覚えておかれるとよろしいかと思います。

 

では、どこにその原因があると考えられるのか???

その可能性の一つに、腎臓があります。

肝臓のトラブル・サインが眼に出てくることがある様に、
腎臓のトラブル・サインは、耳に出てくることがあります。


ですから、耳アカがひどく、長い期間続いている場合や、
突然耳が…という場合は、
腎臓に問題がある可能性があることを覚えておいていただきたいのです。


もちろん、実際には個別に探る必要がありますが、
腎臓の状態は、残りの機能が1/4〜1/5くらいにならないと
わからないのが現状です。

 

何をするかは、何が原因かで変わってくるので、
かかりつけの先生にご相談ください。


特に、過去に膀胱炎になったことがある場合は、
念のためにケアされることをオススメします。

須崎恭彦

 

  • 犬猫の腎臓病について知りたい方はこちら
  • サンプル教材に興味がある方はこちらへ
  • コースを申し込む方はこちらへ
  • セミナーDVDに興味がある方はこちらへ