• 須崎恭彦のeラーニング

ペットアカデミー受講・教材のご案内

  • eラーニング受講のお申し込み
  • 教材のバックナンバー
  • 無料メルマガ登録
  • 各種ご質問
  • PetAcademy Channel

SPECIAL TOPICS

  • シニア世代の食事 日常ケア・ダイエット
  • 獣医師から学ぶ ペットの病気
  • Bio-resonance Treatment

入学をお考えの方へ ペットアカデミーのコース

  • Instagramでsusakipetacademyをフォローする
  • youtubeでPetAcademyをフォローする
  • twitterで@susakiyaasuhikoをフォローする
  • FacebookでPetAcademyをフォローする
  • 須崎恭彦の書籍
  • 高齢犬ケア百科愛犬のための症状・目的別
  • ペットのホリスティック・ケア 栄養学をトコトン学びたい方へ!

LINK

  • 須崎恭彦.COM
  • 須崎動物病院
  • 診察のお申し込みはこちらへ
  • APNA
  • 須崎のお奨めサプリメント

皮膚のかゆみを止める方法とは?

須崎動物病院には、何をどう間違えて聞いたのか、
他院における血液検査の結果で
「BUNが高いから、腎不全だといわれました…。
 一生療法食だといわれました…。
 どうしたらいいですか?」
と、取り乱した飼い主さんの相談がよくあります。


で、伺ってみると「誤差範囲」の様なちょっとだけ高い値だったり。


「確かに、用心するに越したことはありませんが、
 当院にいらっしゃる子は『測定不能』という子が珍しくないので、
 この程度なら誤差範囲かもしれないし、
 積極的に原因追及・排除方の治療をやったら元に戻るかもしれないし、
 さっきの『測定不能』の子の飼い主さんが隣にいたら、
 『測れるだけいいじゃない』
 なんて言われるかもしれないレベルですよ。」
と申し上げて、

●この検査項目の意味すること
●正常値と基準値の違い
●現状、何が推定できるか
●現状、何が出来るか

などをお話しさせていただくと、
現実的に前向きになれる様です。


おそらく、かかりつけの先生も、
同じ様にお伝えしたのだと思いますが、
「腎臓病」
という言葉が出てきて、飼い主さんも
気が動転して聞き違えてしまったのかもしれません。

 

人は世の中をありのままに見てはいないそうです。

だれもが、独自のフィルターを通して、
外部環境を見つめているそうです。


だから、
「『青』で思いつくことを6個書いてみてください。」
などというワークをすると、
びっくりするぐらい全員がまちまちなことを書くのです。


血液検査後に

「BUNが高い」「腎臓病」「一生療法食」という単語が出てきたら、

「になることがあります。」

という表現が記憶から消し飛んでしまうことだって、
わからなくはありません。

 

では、心配や不安を解消する最も良い方法は何でしょうか?


それは、

「正確に知る」
ことです。

 

●この検査項目の意味すること
●正常値と基準値の違い
●現状、何が推定できるか
●現状、何が出来るか

などがわかれば、
飼い主さんはびっくりはするかもしれませんが、
腰を抜かして歩けなくなったりはしません。

 

その原因がわかっていれば、
実はBUN値は食事でコントロールも出来ます。

 

ぜひ、そういう知識を身につけ、
世の中の「いたずらに不安にさせるような情報」
から身を守ってください。

  • 須崎のセミナー情報はこちらから
  • ペットアカデミーの単発DVD教材はこちら
  • ペットアカデミーにご興味のある方はこちら

愛犬愛猫のお悩み、疑問質問募集中

  • 「わんこの疑問・質問」はこちらから
  • 「にゃんこの疑問・質問」はこちらから