• 須崎恭彦のeラーニング

ペットアカデミー受講・教材のご案内

  • eラーニング受講のお申し込み
  • 教材のバックナンバー
  • 無料メルマガ登録
  • 各種ご質問
  • PetAcademy Channel

SPECIAL TOPICS

  • シニア世代の食事 日常ケア・ダイエット
  • 獣医師から学ぶ ペットの病気
  • Bio-resonance Treatment

入学をお考えの方へ ペットアカデミーのコース

  • Instagramでsusakipetacademyをフォローする
  • youtubeでPetAcademyをフォローする
  • twitterで@susakiyaasuhikoをフォローする
  • FacebookでPetAcademyをフォローする
  • 須崎恭彦の書籍
  • 高齢犬ケア百科愛犬のための症状・目的別
  • ペットのホリスティック・ケア 栄養学をトコトン学びたい方へ!

LINK

  • 須崎恭彦.COM
  • 須崎動物病院
  • 診察のお申し込みはこちらへ
  • APNA
  • 須崎のお奨めサプリメント

突然のてんかんに取り乱さない様準備をする

てんかんは、突然やってきます。
大抵の飼い主さんは「うちの子には関係ないと思い込んでいて、『てんかん』という病名だけしか知りませんでした。」という状態が普通です。

ところがある日突然、
「突然、身体を硬直させながら、音を立てて手足を震えさせ始め、顔の表情もまったく別犬になり、目は飛び出すくらい見開いて一点を凝視し、口もガタガタさせて少し泡を吹き出しました。
段々とその動きが激しくなってきて、口をガーッと開いて声の限りの奇声を発し出しました。
そして、まな板の上の生きの良い魚が飛び跳ねるようにものすごい勢いで床にたたきつけられるように飛び跳ねました。
舌は紫に変わっていました。
自分では意識はあるのに動くことができず、見えない力で引っぱられていることに対してのものすごい恐怖でパニックになっている様子に見えました。」
という状態を目の当たりにし、

今度は飼い主さんが
「ペル!どうしたの!?ペル!大丈夫っ!?ペル!ダイジョウブッ!?イヤーッ!」
と、泣き叫んだりすることになったりします。

ここまではよくあることなのですが、
気をつける必要があって、それは
このような「けいれん発作」を引き起こすケースは、
てんかん以外にも色々あります。

中には、死に直結する様な疾患のケースもあるので、
この様な「けいれん発作」が起こったときは、
「薬の副作用が怖いです」などと言わずに、
真っ先に動物病院に行って
確かに「てんかん」だと診断していただく様にして下さい。


我が家の息子は、小さい頃熱性けいれんを起こすことがありましたが、
うちは妻も獣医師なので、
「あっ、熱性けいれんだ。…
そろそろ落ち着いてきたね。
あっ、発作終わった。時間は、5分か。
はい、おやすみなさい。」
という感じで、発作中も冷静に対応していました。

ここでのポイントは、
鳴いても叫んでも、この発作は改善しないということです。

冷静に対応することが、
発作中の子の精神面に与える影響からも重要です。

てんかんは、見た目の症状が激しいので、
他の疾患に比べて飼い主さんの心配・不安は強いようですが、
正確に学ぶことで、冷静さを保てる様になります。


冒頭にもお話ししましたが、てんかんは突然やってきます。
いざというときに備えて、今月号でしっかり学んで下さい。


  • 犬猫のてんかんについて知りたい方
  • 須崎のセミナー情報はこちらから
  • ペットアカデミーの単発DVD教材はこちら
  • ペットアカデミーにご興味のある方はこちら

愛犬愛猫のお悩み、疑問質問募集中

  • 「わんこの疑問・質問」はこちらから
  • 「にゃんこの疑問・質問」はこちらから