• 須崎恭彦のeラーニング

ペットアカデミー受講・教材のご案内

  • eラーニング受講のお申し込み
  • 教材のバックナンバー
  • 無料メルマガ登録
  • 各種ご質問
  • PetAcademy Channel

SPECIAL TOPICS

  • シニア世代の食事 日常ケア・ダイエット
  • 獣医師から学ぶ ペットの病気
  • Bio-resonance Treatment

入学をお考えの方へ ペットアカデミーのコース

  • Instagramでsusakipetacademyをフォローする
  • youtubeでPetAcademyをフォローする
  • twitterで@susakiyaasuhikoをフォローする
  • FacebookでPetAcademyをフォローする
  • 須崎恭彦の書籍
  • 高齢犬ケア百科愛犬のための症状・目的別
  • ペットのホリスティック・ケア 栄養学をトコトン学びたい方へ!

LINK

  • 須崎恭彦.COM
  • 須崎動物病院
  • 診察のお申し込みはこちらへ
  • APNA
  • 須崎のお奨めサプリメント

養生?戦闘能力の差!

人間では、
歯を磨いているのに虫歯になる人
歯をあまり磨かないのに虫歯にならない人
がいます。

なぜだと思いますか?


なんでも、口の中で歯の表面に付着できる菌には6種類まで(数はうろ覚えです)と決まっているらしく、その中に虫歯菌が入っていると、歯を磨いているのに虫歯になりやすくなり、その中に虫歯菌が入っていないと、歯をあまり磨かないのに虫歯になりにくくなるのだそうです。


「体質」かな?と思っていましたが、
だとしたら、歯の表面の菌を削って、
良い菌を次々口内に増やしたら、
大逆転が出来るという話ですよね?


ちなみに私は5年前からこれを実践しておりますが、
明らかに口臭が変わりました!

 

まぁ、それはそれとして、数ヶ月前の話ですが、
デトックス研修を受けに行ったときの話です。

半断食もそうですが、
実際に自分で体験すると、
本だけではわからない、
体感的な学びがあります。

ですから、人体実験と思って、
ときどきいろいろな「体験型学習」をさせていただいております。


この研修は、
「ビフォー&アフターでどう変化するか?」
という内容だったので、
メチャメチャな状態で行って、
当然最初の血液検査は酷い結果ですが、
三日後はこんなによくなりました!

という絵を描きました。


そこで、
普段「お酒が飲めないから飲まない」私が、
友人たちと飲み屋さんを3軒はしごし、
午前5時に激辛担々麺を食べ、
徹夜のまま、血液検査にのぞみました。

そのうちの1軒では、AKBのDVDをみながら、
午前3時〜4時半まで踊りを踊るという…


この様に、
かなり身体に無理をかけた状態で血液検査にのぞみました。


さてこの研修、遊んだ友人たちとは全く別の、
普段から「養生」している仲のいい2人と一緒に受講しました。


そこで、最初の血液検査の結果は、
須崎→極めて健康的!
養生している仲間2人→血液検査で5項目ひっかかる…

まぁ、仲がいいから言えることですが、
「ほら、お前ら、俺の生活習慣に『もう歳なんだから』とかなんとか言っているけど、俺は何ともなくて、お前ら全員引っかかっているじゃないか!何が養生だ!健康の秘訣は暴飲暴食不眠不休だ!」と言ってやりました(もちろん、冗談でですよ)。

もちろん、2人は「くそーっ」と悔しい顔をしていました(笑)。


ちなみに、彼らとは知り合って5年くらい経ちますが、
僕よりは風邪をひく回数は多く、
時々寝込むこともあるようです。

だから、普段から気を使っているのだと思いますし、
おそらく彼らが僕と同じ生活をしたら、
もっと具合悪くなるかもしれません。


また、僕も今は平気だけど、
いつか急速に体調を崩すかもしれません。

ただ、僕は、あの2人が知らないデトックス法を実践しているので、
普段無茶をしているとはいえ、適当にリセットできているのかもしれません。


どちらも推測ですが、
どっちになるかはわからないですし、
僕はキャラクター的には、
養生して穏やかに生きるよりは、
長短はわからないけれど、太く生きたい!
と思うタイプなので、これで良いかと思っています。


個体の戦闘能力の高いか低いかは、極めて重要です。

ほどほどの刺激で維持…という方法もあるかと思いますが、
鍛えて鍛えて鍛える程強くなる!
という方法もあるのではないでしょうか?


もちろん、万人にお勧めできるものではありませんが、
長生きしたから勝ちというわけでもありませんし、
充実した生き方をヒトもペットもしたいものです。


とかく「負担をかけないで長生き」という意見が世の中には目立ちますが、
「(許容範囲の中で)あえて負荷をかける」生き方もありだと思いますし、それを出来る子は、無理にガマンする必要は無いと個人的に考えております。


よく「●●をすると、●●に負担がかかると聞きましたが…」
という相談を受けるので、思ったことを書いてみました。


病気の原因が口から侵入するなんてホント?という方はこちらの動画をご覧下さい


柔らかいものを食べると、歯に歯垢や歯石が溜まって病気になるのでは?と心配な方はこちらをお読みください。
動物病院11月号コラム


歯垢や歯石もだけど、柔らかいものを食べると、歯や顎が弱くなるのでは?と心配な方はこちらをお読みください。
APNA11月号コラム

  • 犬猫のデトックス、栄養学について知りたい方
  • 須崎のセミナー情報はこちらから
  • ペットアカデミーの単発DVD教材はこちら
  • ペットアカデミーにご興味のある方はこちら

愛犬愛猫のお悩み、疑問質問募集中

  • 「わんこの疑問・質問」はこちらから
  • 「にゃんこの疑問・質問」はこちらから