• 須崎恭彦のeラーニング

ペットアカデミー受講・教材のご案内

  • eラーニング受講のお申し込み
  • 教材のバックナンバー
  • 無料メルマガ登録
  • 各種ご質問
  • PetAcademy Channel

SPECIAL TOPICS

  • シニア世代の食事 日常ケア・ダイエット
  • 獣医師から学ぶ ペットの病気
  • Bio-resonance Treatment

入学をお考えの方へ ペットアカデミーのコース

  • Instagramでsusakipetacademyをフォローする
  • youtubeでPetAcademyをフォローする
  • twitterで@susakiyaasuhikoをフォローする
  • FacebookでPetAcademyをフォローする
  • 須崎恭彦の書籍
  • 高齢犬ケア百科愛犬のための症状・目的別
  • ペットのホリスティック・ケア 栄養学をトコトン学びたい方へ!

LINK

  • 須崎恭彦.COM
  • 須崎動物病院
  • 診察のお申し込みはこちらへ
  • APNA
  • 須崎のお奨めサプリメント

カルシウムがちょっとでも増えると不調になる?

今、ペットアカデミーでは、
犬・猫のビタミン、ミネラルの働きについて学んでおります。

どういう状態にすると欠乏症になるのか?
どんなことになると過剰症になるのか?

などについて一つ一つ丁寧に学んでおります。


2012年5月号は「カルシウム」なのですが、
カルシウム量が増えるとあちこちに骨が出来ると聞きました
カルシウム量が増えると結石になると聞きました

様々なご質問をいただくのですが、

「増えると」

というザックリとした言葉が
飼い主さんや、ペットの仕事をしている方に
不安を抱かせているようです。

 

実際の「過剰症」の報告書を読みますと、
通常の食生活では摂取しがたい量を
毎日
何ヶ月も
摂取した場合の話で、
今朝起きてきたら、
「昨晩のおかずに出した魚」の骨を
5人分食べられた

というアクシデントで
不調になるようにはできていないことがわかります。

 

ちなみに、身体には優れた調節機能があり、
カルシウム摂取量が増えると吸収が抑制され
カルシウム摂取量が減ると吸収が促進される
体内カルシウム濃度に応じて排泄量も変化する
という仕組みがあるため、
毎食厳密な計算をしないといけないことにはなっておりません。

 

この他にも、カルシウムと結石の話など、
非常に興味深い内容を学べますので、
ぜひ、正確な情報を学んで、
する必要のない不安から解放され、
ペットとの楽しい時間をお過ごしください。

 

  • 犬猫のカルシウムの働きについて知りたい方
  • 須崎のセミナー情報はこちらから
  • ペットアカデミーの単発DVD教材はこちら
  • ペットアカデミーにご興味のある方はこちら

愛犬愛猫のお悩み、疑問質問募集中

  • 「わんこの疑問・質問」はこちらから
  • 「にゃんこの疑問・質問」はこちらから