• 須崎恭彦のeラーニング

ペットアカデミー受講・教材のご案内

  • eラーニング受講のお申し込み
  • 教材のバックナンバー
  • 無料メルマガ登録
  • 各種ご質問
  • PetAcademy Channel

SPECIAL TOPICS

  • シニア世代の食事 日常ケア・ダイエット
  • 獣医師から学ぶ ペットの病気
  • Bio-resonance Treatment

入学をお考えの方へ ペットアカデミーのコース

  • Instagramでsusakipetacademyをフォローする
  • youtubeでPetAcademyをフォローする
  • twitterで@susakiyaasuhikoをフォローする
  • FacebookでPetAcademyをフォローする
  • 須崎恭彦の書籍
  • 高齢犬ケア百科愛犬のための症状・目的別
  • ペットのホリスティック・ケア 栄養学をトコトン学びたい方へ!

LINK

  • 須崎恭彦.COM
  • 須崎動物病院
  • 診察のお申し込みはこちらへ
  • APNA
  • 須崎のお奨めサプリメント

関節に問題がある子にはナス科の食材が悪いってホント?


こんなご質問をいただきました。

「 関節の悪い子にはナス科の野菜は与えない方がいいと聞きます。
我が家の愛犬もパテラの診断を受けていますが、特にじゃがいも、プチトマト、パプリカは普段の食事によく使っていますが、このまま与えていても大丈夫ですか?

さとるママさん」

 

さて、あなた様はどう考えられるでしょうか?

 

そこで、いきなりあなた様に確認させていただきます。


「新聞やテレビ、雑誌、インターネット、携帯電話」に接触せずに、"情報断ち"したら、リラックスできて、肩こりが軽くなった人もいる
という話を、

マスメディアに触れると、(必ず)肩こりになる

と言ったら、全く違う話ですよね。
(※ここで「ハイ」、と言っていただけないといけないのですが…)

 

次に、あなた様に質問です。

「ナスの味噌炒め」を食べたとき、体調によって、ノドがいがらっぽくなったことはありませんか?
(※ここもできましたら「アルアル」、と言っていただきたいのですが…)

 

この様に、ナスに含まれる成分が、痛みの原因になることがあります。
(※「ことがある」という表現が「とても」大事)

 

関節にナスはダメの話も、よーく元情報を調べてみれば、

「ナス科植物を食事から排除すると痛みが軽減したケースもあった」

が正確な表現です。


軽減した←必ずゼロになるわけではない
ケースもあった←必ずなくなるわけでもない

つまり、
「止めたら楽になるケースもあるから、止めてみるという選択肢もありだよね」

という話なのです。

 

こういう「一見わかりやすい話」は飼い主さんの間で広がりやすいのですが、伝言ゲームをしていくうちに

「不正確」

に伝わる事がほとんどです。

 

この話は酷いと、

「ナス科植物を食べると(その結果)関節炎に(必ず)なる」

と誤解させられている飼い主さんもいらっしゃいます。

 

この話は、
「知っていれば安心♪」
な内容なので、
ぜひ、「正確に」情報収集していただけたらと思います。

 

ということで、

「じゃがいも、プチトマト、パプリカは」

抜いてみて症状が軽くなるなら、
抜いてみたらいいかもしれません。

でも、関係ないかもしれません。


ということになろうかと思います。


さとるママさん、ご質問を本当にありがとうございました。

今後の追跡レポートもお待ちいたしております。

思い込みを排除して、観察してみて下さいね。

 

この様に、ペットアカデミーでは、実例を通して栄養学を学びます。
理論も大事だけれど、実践はもっと大事!

調べてつかんだ情報が間違いだった…
と、ならないように、時間を有効に使いたい方は、ぜひ、一緒に学びましょう!

 

  • 犬猫の食事(ナス等)について知りたい方
  • 須崎のセミナー情報はこちらから
  • ペットアカデミーの単発DVD教材はこちら
  • ペットアカデミーにご興味のある方はこちら

愛犬愛猫のお悩み、疑問質問募集中

  • 「わんこの疑問・質問」はこちらから
  • 「にゃんこの疑問・質問」はこちらから