• 須崎恭彦のeラーニング

ペットアカデミー受講・教材のご案内

  • eラーニング受講のお申し込み
  • 教材のバックナンバー
  • 無料メルマガ登録
  • 各種ご質問
  • PetAcademy Channel

SPECIAL TOPICS

  • シニア世代の食事 日常ケア・ダイエット
  • 獣医師から学ぶ ペットの病気
  • Bio-resonance Treatment

入学をお考えの方へ ペットアカデミーのコース

  • Instagramでsusakipetacademyをフォローする
  • youtubeでPetAcademyをフォローする
  • twitterで@susakiyaasuhikoをフォローする
  • FacebookでPetAcademyをフォローする
  • 須崎恭彦の書籍
  • 高齢犬ケア百科愛犬のための症状・目的別
  • ペットのホリスティック・ケア 栄養学をトコトン学びたい方へ!

LINK

  • 須崎恭彦.COM
  • 須崎動物病院
  • 診察のお申し込みはこちらへ
  • APNA
  • 須崎のお奨めサプリメント

「尿結晶が出なくなったら、てんかん発作もなくなったのはなぜですか?」

 先日、電話相談で、

「ペットアカデミーの結石DVDを視て、学んだ情報を実践してみたら、本当に結石が出なくなりました。ありがとうございました。

 ところで、それと同時にてんかん発作も出なくなったのですが、何か関係があるのでしょうか?」

というご質問でした。

尿結晶に関しては、原因の再侵入が防げれば、通常改善するはずですし、
改善しない場合は、個々で何か原因が残っているか、次々新たに入ってくるか?
などが考えられます。
(※結石体質など存在しません!)


そして、
痙攣発作(てんかん発作と呼ばれている状態)は、
1.脳に問題がある
2.脳以外の所から脳に影響が波及している
ことなどが理由で、

「脳が異常興奮」

した状態です。


ですから、
これはあくまでも推測ですが、


生活の改善
→原因除去
→脳に異常信号が行かなくなった

のではないかと思います。
(※あくまでも推測ですが…)


この様なことをよく診療で経験させていただいております。

ですから、大学にいた頃は
「痙攣発作は治らない病気でコントロールするしかない」
と思っておりましたが、この様なことを診療で経験させていただいたので、今では「必ずしもそうではない」んだなと解釈しております。

 

例えば、ここで状態が悪化するとしたら、
それは

「悪くなった」
のではなく、

「隠れていた課題が表面に出てきた」
わけですから、

「あっ、そこに解決すべき課題があったのね」と解釈すればいいだけの話で、
「●●の食材を食べたら病気になった!」と騒ぐ話ではありません(騒いでもいいのですが)。


人は、最初にかけたメガネを通してものを理解し、観察する様になります。


ですから、どんな情報に接するかがとても大事ではあるのですが、もっと大事なのは、いつでも冷静に分析が出来る

「柔軟性」

をもっておくことではないかと思います。


生き物はロボットではないのですから…。


尿路結石症では、尿pHの変化を伴いますが、尿pHが変化したから結石になるのではなく、何かがあって、尿pHの変化と尿結晶・結石ができるという理解が非常に重要です。

それを考慮せずに、つまり、尿pHだけをコントロールして、尿pHが変化した理由をそのままにすると、

薬を飲んでいるときは尿結晶が出てこないけれど、クスリを止めると結晶が出てくるので、「これは、結石体質ですね」という表現が説得力を持ち、

「結石体質」がある様に見えるんですね。

正しい理解は非常に重要です。
そんな理解の一助に、
「がんばる飼い主さんを応援する犬猫の尿路結石症セミナー」
をご活用下さい。

 

  • 須崎のセミナー情報はこちらから
  • ペットアカデミーの単発DVD教材はこちら
  • ペットアカデミーにご興味のある方はこちら

愛犬愛猫のお悩み、疑問質問募集中

  • 「わんこの疑問・質問」はこちらから
  • 「にゃんこの疑問・質問」はこちらから