• 須崎恭彦のeラーニング

ペットアカデミー受講・教材のご案内

  • eラーニング受講のお申し込み
  • 教材のバックナンバー
  • 無料メルマガ登録
  • 各種ご質問
  • PetAcademy Channel

SPECIAL TOPICS

  • シニア世代の食事 日常ケア・ダイエット
  • 獣医師から学ぶ ペットの病気
  • Bio-resonance Treatment

入学をお考えの方へ ペットアカデミーのコース

  • Instagramでsusakipetacademyをフォローする
  • youtubeでPetAcademyをフォローする
  • twitterで@susakiyaasuhikoをフォローする
  • FacebookでPetAcademyをフォローする
  • 須崎恭彦の書籍
  • 高齢犬ケア百科愛犬のための症状・目的別
  • ペットのホリスティック・ケア 栄養学をトコトン学びたい方へ!

LINK

  • 須崎恭彦.COM
  • 須崎動物病院
  • 診察のお申し込みはこちらへ
  • APNA
  • 須崎のお奨めサプリメント

症状あるところに、必ずしも根本原因無し

症状あるところに
必ずしも根本原因無し

これは、診療を通じて、
ペットから教わったことです。


よく、「アカラス(ニキビダニ)症」と診断された子がやってきますが、
根本原因は

「アカラスが皮膚にいること」
 ではなく(←これ大事!)

「どこにでもいるアカラス『ごとき』に強く影響を受ける皮膚バリア機能の貧弱さが問題」
で、

「皮膚バリア機能を低下させる原因がどこかにあり(個別で異なる)、それを改善しない限り、枝葉の部分だけをいじってもどうにもならず、長引く」
と感じております。


つまり、長引くということは、
根本原因にはたどり着いていない
根本解決にもなっていない
ということです。


それが、
身体の問題
なのか、
環境の問題
なのかは、

個々のケースで異なりますが、
すくなくとも、

同じ様に見える症状、

同じ様に見える形態変化

同じ様に見える生体反応

でも、
その裏は単純ではなく、複雑に絡み合っているかもしれない
という視点を持つことも大事だと思うのです。


しかし、通常の「治療」は
皮膚を清潔に保つ
薬用シャンプー
などが主体となり、

しかも
「なかなか治りにくい」と…。
(※通常の治療に文句を申し上げているのではありません。万能な方法等無いので、望む結果が得られないならば、違うことをやればいいだけの話です。しかし、その自由度を忘れているとしたら、思いだそう!ということでございます。)


一ヶ月ほど前、皮膚状態が快適ではない犬がやってきました。

アカラスと診断されたのだとか…。

身体を探って、
原因部位を特定し、
原因除去
身体の調整
をしたところ…

前回診察して頂いてから、指示通り生活環境の調整、運動等を行ったところ、アカラスのかさぶたや体液のしみだし、出血はなくなりました。

目やに、鼻水もずいぶん少なくなってきて、はげていたところからも毛が生えてきてました。

散歩もだんだんしっかりとした足取りで歩けるようになり、家の中でも元気に動き回るようになりました。

足を触っても4本とも痛がる様子はありません。

とのこと…。


まだ課題は他にあるのですが、まずまずの出だしです。


アカラス症というと、多くの方が
「皮膚疾患なのだから皮膚のケアが大事に決まってる!」

と思いがちですが、柔軟に読み解く必要性があると思うのは、私だけでしょうか?


少なくとも、
「アカラス症は治りにくいんです!」
などと言って、

「改善しないのは仕方ない」
という前提からのスタートは思考停止につながるため、いかがなものかなと思うわけです。
(小僧の戯言ですが…)


これからも、ひとつひとつ、丁寧に診察させていただきたい
と気持ちを引き締めたいと思います。


そして、がんばっている飼い主さん!
今日もがんばってください!

 

  • 須崎のセミナー情報はこちらから
  • ペットアカデミーの単発DVD教材はこちら
  • ペットアカデミーにご興味のある方はこちら

愛犬愛猫のお悩み、疑問質問募集中

  • 「わんこの疑問・質問」はこちらから
  • 「にゃんこの疑問・質問」はこちらから