• 須崎恭彦のeラーニング

ペットアカデミー受講・教材のご案内

  • eラーニング受講のお申し込み
  • 教材のバックナンバー
  • 無料メルマガ登録
  • 各種ご質問
  • PetAcademy Channel

SPECIAL TOPICS

  • シニア世代の食事 日常ケア・ダイエット
  • 獣医師から学ぶ ペットの病気
  • Bio-resonance Treatment

入学をお考えの方へ ペットアカデミーのコース

  • Instagramでsusakipetacademyをフォローする
  • youtubeでPetAcademyをフォローする
  • twitterで@susakiyaasuhikoをフォローする
  • FacebookでPetAcademyをフォローする
  • 須崎恭彦の書籍
  • 高齢犬ケア百科愛犬のための症状・目的別
  • ペットのホリスティック・ケア 栄養学をトコトン学びたい方へ!

LINK

  • 須崎恭彦.COM
  • 須崎動物病院
  • 診察のお申し込みはこちらへ
  • APNA
  • 須崎のお奨めサプリメント

猫の絶食3日で肝臓がやられて死ぬ?

ときどき、こんな情報を信じて、
不安になっている飼い主さんが
いらっしゃいます。

もし、
どんな猫でもこんなことになるなら、
野良猫で食事を摂れない子はすぐに死んでしまって、大変ですよね?

正確には、
(デブ)猫が絶食3日で
(体脂肪がエネルギー源として使われるため、分解されて血中遊離脂肪酸が増え、その処理が肝臓で行われるから、脂肪肝になり、)肝臓がやられて死ぬ(子もいます。全部ではありませんが…)。
が正しいのです。


こんなことは、獣医師をはじめとして、栄養学を学んだ方ならば知っていることですが、間に人が複数入ると、伝言ゲームの要領で、間違った情報を信じてしまっていたりします。

そして、その方がブログに書いたら、瞬く間に間違いが広がる…。


どのジャンルでもそうですが、適切な情報を入手したければ、一次情報に接するのが重要です。一次情報とは、情報発信者が記した文献で、残念ながら市販の書籍ではなく、学術論文が主体となります。


ですから、ペットの食事や病気のジャンルで、適切な情報を入手したければ、セミナーに通うのはもちろん結構なのですが、ご自身で学術論文を読むのが最もベストです。

しかし、なかなか自分で読むのは、
●英語の壁
●そのジャンルの常識を知らない壁
●専門用語の壁
●研究の背景を知らないことによる壁

等が存在し、英語が読めても、論文は理解出来ないという方は少なくありません。

そんな方々のために、ペットアカデミーでは、代表講師の須崎が、毎月沢山の論文を読んで確認していることを中心に、栄養学的な講義をさせていただいております。


噂や間違った情報も含めて入手し、自分で検証したいという実力派の方は、是非、そうしていただければ良いのですが、「時間がもったいないので、一次情報(論文)に限りなく近い情報で勉強したい方」は、ぜひ、ペットアカデミーでしっかりと学んでください。

 

  • 須崎のセミナー情報はこちらから
  • ペットアカデミーの単発DVD教材はこちら
  • ペットアカデミーにご興味のある方はこちら

愛犬愛猫のお悩み、疑問質問募集中

  • 「わんこの疑問・質問」はこちらから
  • 「にゃんこの疑問・質問」はこちらから