• 携帯の新料金プランに変更された方メールが送受信出来ないお客様へ
  • オンライン講座

ペットアカデミー受講・教材のご案内

  • オンライン受講のお申し込み
  • 教材のバックナンバー
  • 各種ご質問
  • PetAcademy Channel

SPECIAL TOPICS

  • シニア世代の食事 日常ケア・ダイエット
  • 獣医師から学ぶ ペットの病気

入学をお考えの方へ ペットアカデミーのコース

特化したテーマをDVDまたは動画配信で学ぶ

  • InstagramでPetAcademyをフォローする
  • youtubeでPetAcademyをフォローする
  • Twitterで@petacademy_jpをフォローする
  • FacebookでPetAcademyをフォローする
  • はじめて作る 猫の健康ごはん
  • 作り置きで簡単!犬の健康ごはん
  • 高齢犬ケア百科愛犬のための症状・目的別
  • 須崎恭彦の書籍

LINK

  • 須崎恭彦.COM
  • 須崎動物病院
  • 診察のお申し込みはこちらへ
  • APNA
  • 須崎のお奨めサプリメント
獣医師・獣医学博士  須崎恭彦の月代わりコラム
バックナンバー

皮膚病でカビにやられています…

質問:
実は実家で飼っているラブラドールのMIXなのですが、夏ぐらいから真菌に感染し動物病院の薬を処方していたのですが、食欲がなくなり内服できません。

付け薬も同様です。

ホメオパシーで治療し、毛も生えてきて安心していたのですが完治せず、また、フケが増えてきて培地がプラスでした。

今後の直し方に困っています。

母親が水虫があり完治していないのですが、関係ありますか?

回答:
皮膚の問題と、内臓の問題があると思われます

まず、真菌(カビ)の影響を受けるということですが、このカビは、恐らく普通にその辺にあるものなので、カビが悪いというよりは、
「カビごときにやられるようになってしまった」

つまり、受け手側の問題と考えられます。

皮膚を清浄にするということは重要ですが、「その辺に普通にある」わけですから、いたちごっこになります。

「水虫」も同じです。

 

この場合、洗浄が十分でないということよりは、
「皮膚バリア機能が低下し続ける何らかの理由」
があると思われます。

ですから、皮膚だけの問題ではないということです。

「食欲が無くなり」が、そのことを意味しているのかもしれません。


食欲が無くなる程、どこかの臓器が傷んでいるのか?
胃の問題なのか?
はたまた、どこかから胃に信号が送られているのか?

あらゆる可能性を考えて、かかりつけの先生に原因を探っていただけたらと思います。


個々のケースで本質的な原因が様々なので、
「これをやったら治ります!」
というものはないのですが、

週に一日絶食する(水分を摂りながら)
  ※必要に応じて獣医師に指導を受けながらやってください
皮膚を定期的に洗浄する
乳酸菌を腸内に増やす
環境対策をする
皮膚のケアをする

などが考えられます。

くどい様ですが、何が原因かで、やることが変わってくるので、「試してみます」などといって、見当違いのことをやるよりは、きちんと原因を探ってもらった上で、やってください。

特に、「一旦改善した」のを治ったと解釈するのではなく、処理能力の限界を異物量が下回った「だけ」なので、油断せずに原因排除を続けて下さい。

当院にはこういう子が沢山やってきますが、
「原因のわからない病気はあっても原因のない病気はない」
といわれる通り、必ず原因がありますし、ほとんどの子で「腸の炎症」があるようです。

しかし、
皮膚だけ
腸だけ
ケアしても仕方なく、

まして「症状だけを消す」なんていうことをやると、解決すべきことがどっさりと残ってしまい、やってもやっても改善しない…ということになりかねませんので、

このコラムをご覧の方は、症状を消すだけで安心したりせず、かかりつけの先生を頼りに、根本原因を取り除いてもらってくださいね。

コメントは以上ですが、必要な情報は盛り込まれておりましたでしょうか?


「なぜこうなるのか?」

とても大事です。

 

もし、あなたが、皮膚病について「正しい情報」をさらに学びたい!と思ったら、こちらがお役立ていただけます。

  • 須崎のセミナー情報はこちらから
  • ペットアカデミーの単発DVD教材はこちら
  • ペットアカデミーにご興味のある方はこちら

愛犬愛猫のお悩み、疑問質問募集中

  • 「わんこの疑問・質問」はこちらから
  • 「にゃんこの疑問・質問」はこちらから