• 携帯の新料金プランに変更された方メールが送受信出来ないお客様へ
  • オンライン講座

ペットアカデミー受講・教材のご案内

  • オンライン受講のお申し込み
  • 教材のバックナンバー
  • 各種ご質問
  • PetAcademy Channel

SPECIAL TOPICS

  • シニア世代の食事 日常ケア・ダイエット
  • 獣医師から学ぶ ペットの病気

入学をお考えの方へ ペットアカデミーのコース

特化したテーマをDVDまたは動画配信で学ぶ

  • InstagramでPetAcademyをフォローする
  • youtubeでPetAcademyをフォローする
  • Twitterで@petacademy_jpをフォローする
  • FacebookでPetAcademyをフォローする
  • はじめて作る 猫の健康ごはん
  • 作り置きで簡単!犬の健康ごはん
  • 高齢犬ケア百科愛犬のための症状・目的別
  • 須崎恭彦の書籍

LINK

  • 須崎恭彦.COM
  • 須崎動物病院
  • 診察のお申し込みはこちらへ
  • APNA
  • 須崎のお奨めサプリメント
2015年1月
BACK NUMBER

冬の感染症対策

冬は、人間の間でも呼吸器系の症状をはじめとして、体調不良になる方が増える季節です。

どんな感染症も、感染した後には潜伏期間があって、身体の自然免疫機構で対処されます。

この段階で処理できれば、症状は出ません。

しかし、この自然免疫機構を突破された場合、戦争が激しくなるため、症状が出ます。

つまり、症状が出た頃に騒いでも遅いんですね。

症状が出る前、つまり普段から、身体のケアをしておく必要があります。

しかし、たいていの場合は、何も起こっていないときは「でも、何も症状無いんですけど…」といい、何かが起こってから騒ぎ出す…。

もう一度申し上げますが、症状が出た頃に騒いでも遅いのです。あとは、白血球が正常に攻撃した結果放出する炎症反応物質で不快感を感じつつ、身体が治るまで待つしかありません。

インフルエンザを恐れている方が少なくありませんが、健康体ならば、感染して発症しても死ぬようなことにはなりません。

そして、インフルエンザウイルスは高熱に弱いので、高熱が出るほどに発熱物質を白血球が放出して、インフルエンザウイルスが増えにくい環境を作り、感染細胞を排除するだけなのですが、なぜか、せっかく高熱を出しているのに「解熱」する方がいらっしゃるのです…。

全ての症状には意味がありますから、快か不快かで処置をしてはいけないのですが、そのことがわからないと、「症状が消える=治る」という誤解になってしまいます。

ちなみに、インフルエンザウイルスの感染を防ぐのに、手洗い・うがいといわれておりますが、インフルエンザウイルスは呼吸器系で増殖するので、手洗い・うがいをしても本質的な予防にはなりません。

これは、手洗い・うがいをせっせとやったのに、インフルエンザウイルスに感染→発症した飼い主さんは大きくうなずいていただけると思います。

手洗い・うがいは、食中毒などの細菌対策なんです。

この様に、病院に張り出されている「常識」ですら、「何らかの理由」で、間違っていたりします。

そもそも、正常な身体は勝手に病気を治せます。

戦闘能力は正常にあるので「免疫力を上げなきゃ!」等と考える必要はありません。

「免疫力発揮を邪魔するものを取り除かなきゃ!」が正解です。

ですから、例えばインフルエンザ対策としては、鼻から入ってくるウイルスは仕方ないとして、それを排除する仕組みがあるわけですから、それを正常に機能させればいいのです。

冬場の重要な対処の一つに、暖かくする、があります。

白血球が闘うためには、それなりの温度が必要です。

低体温状態では、白血球は充分に闘えませんので、異物の侵入を防ぎきれなくなります。

そんなことにならない様に、白血球を正常に闘わせられるように、身体を暖めておくことが大事です。


そのために、ショウガを摂取しましょう…

と申し上げたいところですが、それは一過性です。

大切なのは、筋肉をつけて、自然に発熱することです。

 

冬場の重要な対処のもう一つに、加湿があります。

鼻粘膜が乾燥しないように加湿をしておけば、粘膜の正常な機能として、勝手に排除されます。

私も、普段は加湿した部屋で暮らしているのですが、出張時に、疲れ果ててホテルで倒れる様に眠ると、空調で喉をやられて、一週間ぐらい爽快でない日々を過ごすことがあります。

知らないで、気付かないうちに体調不良になるのは仕方ないですが、
これは、わかっててやらないのですから、自業自得ですね…(笑)


当たり前のことを当たり前にやる。

しかし、昔からいわれていることではあるけれど今は意味のないことだとわかっている情報もある。

そんなことを意識しながら、冬場を健康的に乗りこえてください。

もし、あなたが、ペットにしてあげられる冬の感染症対策を、上記以外にもキチンと学びたいと思われたなら、こちらの教材がお役に立てます。

 

  • 冬の感染症対策- 冬を健康的に乗り切る方法 -
  • 犬猫の薬膳 冬
  • 須崎のセミナー情報はこちらから
  • 須崎のセミナー情報はこちらから

愛犬愛猫のお悩み、疑問質問募集中

  • 「わんこの疑問・質問」はこちらから
  • 「にゃんこの疑問・質問」はこちらから